今日も世に出る、新商品 違いはどこ?
by tad_yoshida
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


91歳…デビュー5年目の女優エステール・ゴランタン

▲フランス・ベルギー合作映画「やさしい嘘」に主演の
 エステール・ゴランタンは、85歳で映画デビューした
▲「イディッシュ語を話す老婦人役求む」という募集に応じたのが1999年
▲年に1〜2本の映画に出演している
▲ポーランドで生まれたユダヤ人である彼女の人生。留学先のフランスで結婚。
 夫が第2次大戦に出征後、収容所へ送られる。しかし、病気のため移送された
 病院から脱走。両親は収容所で殺されたが、ゴランタンは終戦まで逃げ延び、
 戦後、夫とパリで歯科医院を開業した。
▲映画の監督は、女性のジュリー・ベルトゥチェリ。父も映画監督、助監督や
 短編ドキュメンタリー映画の監督キャリアが長く、これが長篇デビュー作

【ひとこと】
現在、パリ在住。映画の公開に合わせて来日。かわいらしいお婆ちゃんだ。脇役ではなく、主演級で演技しているのがスゴイところ。グルジアの現代史を生き抜いた女性という映画の設定は、ゴランタンお婆ちゃんの人生に重なっている。b0024838_1194073.jpg「やさしい嘘」では、グルジアで2カ月のロケをこなし「気候はいいし、みなさん親切で、とても快適。食べ物がおいしくて太ってしまったけど」と。「友だちも孫も、私も驚いている。やってみたい役? いいえ、来るものを受けるだけです。今までも、これからも」。

【メディア&ネット記事】
★「やさしい嘘」公式サイト

【記事源】
朝日新聞(11月8日)
[PR]
by tad_yoshida | 2004-11-11 09:38 | 人間
<< 33万回…ブルネイ国王が国民と... 9800ユーロ…フセイン像の「... >>