今日も世に出る、新商品 違いはどこ?
by tad_yoshida
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


<   2004年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

幼児1.67ヘルツ…人命探査装置が鼓動に反応する周波数

【誰が言った?】東京消防庁か

【それは何?】
▲新潟県中越地震で、長岡市妙見町で土砂に埋まっていたワゴン車内から2歳の優太
 君を救出
▲助けたのは、東京消防庁のハイパーレスキュー隊
▲電波人命探査装置「シリウス」が役立った
▲この装置は西ドイツ・セレクトロニク社が開発(もともとは医療器具だった)
▲アンテナから放射した電波と、反射して返ってきた電波の波形を比較。電波
 は、動かないものに反射して返ってくると、発信時と同じ波形のまま。動くものに
 反射すると、波形にズレが生じる。がれきや土の中に向け送受信機から電波を発信
 すると、生き埋め被災者の心臓や肺の動きに反応して電波が反射し、コンピュー
 タに表示される
▲鼓動の反応は、大人1.00〜1.33Hz、乳幼児1.67Hz、ねずみ21.67Hz
▲価格は1システム3,000万円(シリウス2)

b0024838_15204595.jpg【ひとこと】まずは救出できて良かった。この装置を含め、いろんな要素が重なって奇跡的に助かったようだ。「シリウス」は、心拍および呼吸を検知できるため、人間か動物か、何人いるか、成人か子供か、身体の衰弱具合まで判別できるとか。セットアップに5分、操作開始後30秒から1分で生存者の有無と生存場所が特定できる。阪神淡路大震災の救助活動を総括し1996年にまとめられた「レスキューロボット機器研究会報告書」(1.)でも、このセレクトロニク社装置が適切と報告されています。シリウス2は、探索範囲が配置場所から20m以内だがパラボラアンテナで最大90mの距離を探せる機種もあるとか。敏感な装置なので、読み取りが難しいとの記事(毎日)もある。日本で救出に成功したのは初めて…。優太君の父ちゃん、コレからだ!

【メディア&ネット記事】
1.レスキュー活動における生存者探索技術
2.ハイパーレスキュー隊

【記事源】
産経朝刊10/28
フジサンケイ・ビジネスi 10/28
[PR]
by tad_yoshida | 2004-10-28 14:50 | 人間

280万年前…超新星爆発で、地球の気候が変わった証拠か?

【誰が言った?】いまのところ不明

【それは何?】
▲ドイツとオーストリアの共同チームが、280万年前の地層に「鉄60」という
 放射性同位元素が多量に含まれていることを突き止めた
▲大平洋東部(北緯9度、西経146度)の水深4,830mの海底から、ドイツ調査船が
 1976年に採取したマンガン鉄の堆積層を調べた結果だ
▲「鉄60」は、地上では作られず、宇宙空間で超新星が爆発した時に大量にできる
▲この超新星爆発が、気候変動(北半球で氷河期、アフリカで寒冷・乾燥化)の
 引き金になり、人類進化に影響を与えた可能性がある。これが結びの推論。
 
【ひとこと】
 鉄60の量から、爆発は数10パーセク(1パーセクは3.26光年)離れた宇宙で起きたとの推定だが、どれほど遠いのだか分らん。
b0024838_13503661.jpg放出された粒子は数10万年!にもわたって地球に押し寄せて宇宙線を15%も増やし、大気低層に雲を増やした。そこで地球が冷えたのではないかという説だ。◆280万年前というと、二足歩行の猿人の脳ミソの容量が増え、草食から肉食へ変わった頃ですね。原人(ヒト属)は250万年前に現れた。この辺の学問は宇宙化学というらしい。ちなみに、今年は超新星発見400周年です。ケプラーが1604年の10月に出現した星を1年以上にわたって観察し "De Stella Nova" という本にまとめた。1940年代に科学者がケプラーのSupernovaと名付けたんだそうだ。それ以来、超新星は現れていないけれど、NASAが13,000光年の距離にあるこの超新星の画像を撮ってます(↓)

【メディア&ネット記事】
NASAが撮った超新星画像
超新星って何?
★ベガ(織姫星)で25光年、100光年はカシオペア座のシェダンほか⇒宙図作成室

【記事源】共同通信・中日新聞
[PR]
by tad_yoshida | 2004-10-27 13:10 | 地球

350トン…イラクの軍事施設から行方不明になった爆薬量

【誰が言った?】 マクレラン米大統領報道官/IAEAのフレミング報道官
         (ともにN.Y.タイムズの記事を受けて公表)

【それは何だ?】
▲イラク・バグダッド南50キロにある旧フセイン政権時代の「アル・カカア
  (Al Qaqaa)」基地から、高性能で強力な爆薬350トンが紛失していた
▲「HMX」「RDX」と呼ばれ砲弾の爆薬や核弾頭の起爆剤にも使われるため、
  イラク戦争前に大量破壊兵器の査察を行った国際原子力機関(IAEA)が
  封印していた
▲バグダッド陥落の40月6日以降になくなった
▲警備は手薄で略奪が繰り返されていた、とNYタイムズは報じる

【ひとこと】
 この問題も、さっそく大統領選の争点になった。b0024838_12165913.jpg右の写真は、イラク暫定政府が国際核査察委員会に出した「爆薬の紛失届け証」。ケリー陣営は「イラクにおける大失敗のひとつ。テロリストの手に渡る可能性があり、ブッシュは米軍最高司令官として失格だ」と非難。これに対しブッシュ陣営は「米軍が直ちに管理下に置かなかったのは、他に多くの優先事項があったからで、油田の安全確保や他の軍事物資の掌握を優先させた」と釈明。マクレラン米大統領報道官は、「これまで爆薬を含め40万トンを押収し、1/3は既に廃棄済み。弾薬庫の管理責任はイラク側にあるはず」と逃げ腰のコメント。
 これは、警備の甘さしかない。爆薬より何より「油田の安全確保」というところに戦争の本目的が見えておりますね。HMXやらRDXは、プラスチック爆弾の原料としてこれまでもテロリストが使って来た爆薬だ。だから恐ろしいわけで。どんな言い訳しても350トン(NYタイムスでは380トン)は戻ってこない!
 
【メディア&ネット記事】
NYタイムス10/25
★HMX/RDXはたった1ポンド(0.45kg)で飛行機爆破を墜落させる⇒tyogonouさんのblog「老駑思千里」NYタイムスAP記事の抄訳あり
爆薬のいろいろ/爆発物の処理

【記事源】毎日新聞10/27
[PR]
by tad_yoshida | 2004-10-26 22:12 | 隠蔽

2,200キロリットル…アメリカに輸出された日本酒量(03年)

【誰が言った】貿易統計?日本酒の業界団体か?

【そりゃ何だい】
▲アメリカ(ニューヨークなど都市部)で、日本酒の輸入量が毎年増えている
▲2003年は2,200キロリットル
▲毎年8%の伸びで輸入増。今年上半期は15%も増えた
▲マンハッタンで9月末に開かれた「日本酒鑑評会」。140種の酒と、ニューヨークのレストラン13店が酒に合う料理を出品、75ドルの入場料だが1,000人を集めた
▲日本酒を「ビジネス」として扱いたいと興味を持つ米国人も増えている

【ひとこと】
アメリカから日本への輸入酒は、ビール・ウイスキー・ワイン含めてどのくらいか。100倍くらいあるのじゃないか?例えば世界からの輸入ワインは年間165万Kl(2002年度)。そのうち20分の1がカリフォルニア産だとしても、8万2500Kl。これに対し、日本酒2200klは、まだまだわずかだ。日本で日本酒が売れなくなっていて、市場と販路の拡大に、若手蔵元は熱心だ。b0024838_1047040.gifウチは吟醸酒しか作りませんという蔵や、フランス有名シャトーワインで使った古樽に酒を入れて寝かす蔵など。海外向け商品開発をしている。ニューヨークのフランス料理屋で吟醸酒を楽しむ人々がいてのもいいじゃないか。どこの都市にも、新しもの好きや人と違うことをやるのに喜びを感じる人がいる。もしかすると、寿司のように日常生活に浸透するかもしれない…。しかし、仕事で出張して若いサラリーマンと飲む機会がたまにあるが「ビール以外は飲みません」というのが多くなった。ビジネスマナー集に「仕事で酒を飲む場合はビールで通すのが無難」とでも書いてあるんだろうか?

★アメリカから来たセーラ嬢が蔵の売上を4倍に…枡一市村酒造(長野)
★日本酒の酒造場は2000あまり
www.sake-okoku.net/s_library/sd2000/06.html
★2003年には出荷量で焼酎(95万Kl)に抜かれた…日本酒は86万Kl

【記事元】asahi.com マイタウンUSA10月16日
[PR]
by tad_yoshida | 2004-10-19 12:25 | 製品

プラス1m…北岳の標高、100年ぶり修正で3,193mに

【誰が言った?】国土地理院10月15日発表

【それって何?】
▲日本で2番目に高い山、南アルプスの北岳。標高は3,192m。
▲1904年、陸軍陸地測量部が三等三角点を設置。そこで標高が決まった
▲山登りが好きな高校の先生が「もっと高い所があるよ」と指摘した
▲地理院が再測量して、3,193mと約20cmあることを確認した

【ひとこと】
ちょうど100年ぶりに修正されたのは偶然かな。「南アルプス市」という自治体ができていたんだ、去年か。b0024838_12173662.jpg市長は「背が伸びて富士山に一歩近づいたことは喜ばしい」というコメントを出してます。暢気だ。標高問題を指摘した人は、筑波大附属高校の田代博先生。googleしてみたら、山と地理については非常に詳しく「山岳展望の楽しみ方」「富士山「発見」入門とか、たくさん本を出してる人でした。山尾望というペンネームまである。国土地理院を動かすくらいだから、やっぱり「単なる登山好きの素人」じゃなかった。新聞にはそんなこと何も書いてない。

【メディア&ネット記事】
1.北岳の標高問題山尾(田代)先生のサイト
2.測量した様子…証拠写真
3.3位の「奥穂高岳」3190mと、4位の「間ノ岳」の差はわずか1m!…日本の高い山ベスト10

【記事源】
asahi.comマイタウン山梨
[PR]
by tad_yoshida | 2004-10-17 11:41 | 地球

180億→1円…打上げ中止で放置されているH2ロケット7号機

【誰が言った】宇宙航空研究開発機構(JAXA)

【そりゃ何だい】
▲「純国産ロケット」H2の7号機、180億円かけたが「中止」。今やデカいゴミ
▲種子島宇宙センターに4年間放置、財産目録上は「1円」となっている
▲1994年の初号機の打ち上げ成功後、98年、99年と連続失敗。2000年に打ち上げ予定の7号機は、出番なし。
▲運送費に1億もかかるので、科学館や博物館などの引き取り手もない

【小生のひとこと】
かつては希望の星だったのになあ。全長50メートル、部品数は百万点もあるらしい。b0024838_1822084.jpgいくつかにバラして種子島まで運ぶのだって相当の金がかかっただろうに。ロケットを作った会社はしっかり旧NASDAに請求して、関係者で豪勢な「打ち上げ」をやっただろうに。ま、失敗すれば打ち上げ費用150億とかが吹っ飛んだ(H2Aは費用85億)わけだから、計画切り替えが妥当だったのか。しかし、H2Aになっても信頼性は上がっていない。前回の失敗はH2A6号機(2003年11月)。写真は、1999年「H28号機」打ち上げ失敗の亡骸。
 highfrontierさんのblog「As mind is suitable」では
『引き取り手ないなら部品採りに使えないのかな。あたらしいロケットと互換性まったく無いのかな。そういう設計って企業だったらまずしないと思うけど』
と書いておられる。まったくだ。

【メディア&ネット記事】
1.日本が宇宙先進国の仲間入り?
H2ロケットの歴史(NASDA)
2.技術水準・経済性ともに世界のトップレベル?
H2Aの実績(JAXA)
3.信頼性の低さもトップレベルじゃないの?
H2A6号機失敗についてJAXAの答え
4.そもそも。どうして種子島にロケット発射場があるか?
ロケット種子島
5.日本と他国とのロケット比較
朝日小学生新聞

【記事源】
東京新聞10月9日
読売新聞では「190億」、10億も差があるのは何故だ
[PR]
by tad_yoshida | 2004-10-10 18:02 | 金額

1m60cm … 1億3000年前のティラノサウルスの全長

【誰が言った?】アメリカ自然史博物館と中国中国科学院などの共同研究チーム

【そりゃ、なんだい?】
▲ 史上で最大の肉食恐竜ティラノサウルス類も、もっと昔は小さかった
▲ 中国の遼寧省で見つかった化石(4体分)は、ティラ類で最古。白亜紀前期(1億3000年くらい前)のものと思われ。全長160cmと小さくて羽毛あり。
▲ どでかくなったのは白亜紀後期(約6500万年前)

【小生のひとこと】ジュラシック・パークの主人公Tレックスも、進化する前は人間の身長並みのあまり恐ろしくないヤツだった。b0024838_9201382.jpg子供じゃないとわかるのは、なぜか?ここが記事を読んでもよくわかりませぬが、専門家の意見なんだろう。たぶん。
 羽毛といえば、中国から輸入される羽毛の価格が去年に比べて50%も上がった(2004年7月で1kg=4160円)。日本の商社は泣いてるらしい。鳥インフルエンザのために中国で900万羽の水鳥(グレーダック、ホワイトグース)が処分されたらしいが、中国全土で9億羽も飼われているとか。こりゃ便乗値上げ?(東京新聞10月7日付記事より)

【ネット記事】
1.Nature
2.National Geographic
3.デスクトップに恐竜を…リアルフィギュア

【記事源】
人民日報(日本語版)
共同通信
[PR]
by tad_yoshida | 2004-10-08 09:21

4650万円…ロールスロイス100周年車の値段

【誰が言った?】コーンズ・アンド・カンパニー(1861年創業)

【そりゃ、なんだい?】
▲英国ロールスロイスの創業100年を記念した限定車。世界で35台だけ。
▲御尊名は「センテナニー・ファントム」だ。
▲ボンネット先のマスコット「飛ぶ淑女」は純銀製であるが「日常使用のため」に
 ステンレス製も付属している。
▲日本に4台入荷したが、3台は売約済みだ。
▲ちなみにエンジン6750cc、長さ5m80cm、大きいことはいいことだ。

【小生のひとこと】RRって、通常モデル(04年型)でも4368万円なんだと。これは70台売約済み。どっちを買うか、死ぬ前に一度でいいから悩んでみたいもんだ。b0024838_2191562.jpgb0024838_2192891.jpgヴァージンの宇宙旅行(この1台分で2人行ける)はあまり羨ましくないが、こっちは何故か羨ましい。たぶん宇宙旅行は、行く方も命懸けだからだろうな。コーンズ社で扱ってる商品で私らにも買えるのはコレ。写真は、左がロールスで右がロイス。ロイスの作るクルマをロールスが売ることに決めたのは、ちょうど100年前。マンチェスターはミッドランド・ホテルって旅籠で意気投合しましたとサ。RRの伝説については、こちら「忘月忘日」さんblogをぜひに読まれたし。

【ネット記事】
1.メーカー保証は4年…ロールスロイス・ファントム
2.音楽と料理つき…レセプションの様子
3.もうちょっと詳しく…100EXは世界に1台(オープン)
4.ロールスとロイス…100年前の出会い
5.チェックインは14時から…ミッドランドホテル
【記事源】東京新聞10月6日
[PR]
by tad_yoshida | 2004-10-07 19:07 | 金額

高度114km …スペースシップ1、2度目の飛行

見事、成功。賞金獲得。

b0024838_144115.jpgアンサリXプライズのサイトを見ると、協力会社としてブリヂストンとフォードが「Champ Car World Series」の名のもと並んでいる。エクスプローラの訴訟はもう過去のことなんだろか?ケンカはケンカ、ビジネスはビジネスなの?よくわかりませぬ。ちなみに、エントリした26チームの船の絵はこちら

【メディア記事】
1.CNETジャパン
2.NYタイムズ
3.インディカー・シリーズとチャンプ・カー・シリーズの違い(アメリカン・オープンホイール・レーシング)
homepage3.nifty.com/~enjoy/indy/howabout1.htm
[PR]
by tad_yoshida | 2004-10-05 14:41